アトピー性皮膚炎

高校を卒業後、会社員となりランドセルや学生カバンの製造に従事するようになりました。その頃から、仕事で使うゴムのりや有機溶剤の影響からアトピー性皮膚炎を疾患するようになりました。

特に夏場の暑さから汗をかく時期には、身体中に湿疹が出来、間接が特に痒くて夜も眠れない日々が続きました。モイスポイント

一年中乾燥肌にも悩まされました。モノを取るにも手がカサカサで脂分がなく、うまくつかめなかったり、仕事でも保湿剤を常時使用、作業にかかっておりました。

6年たってようやく症状もましになりましたが、アトピー性皮膚炎は完治する病気ではないので、お肌や食生活に気を使いながらの日常生活となります。

また、その影響から顔には吹き出物やニキビ等が発生し、それを気にするあまり、マスクを使う日々を送ることもありました。特に同じアトピー性皮膚炎を患う女性は本当に年中お肌や症状と格闘する日々を送られている事だと私も深く思います。昨今ではステロイドの副作用を気にする方も増え、塗り薬にもステロイドの使用率が低いものが出てきておりますが、女性の患者さんはお化粧をされますから、これについても常に自らの症状と照らし合わせてのお化粧をされております。