日焼けの代償の大きさ

私は現在29歳女性です。コーズシックスホワイトリペア

学生時代スポーツが好きだった私は、ほぼ毎日部活に明け暮れていました。

朝は陸上、午後はバスケ、夕方にはプールと1日と言っていいほど活動をしていました。

学生時代の私は日焼けがシミ、毛穴の原因になるとも知らず対策を一切行っていませんでした。

もちろん入浴後にケアをすることもなく過ごし、社会人となった今、少しずつシミが目立ちはじめ、毛穴の開きもわかるようになってきました。

ケアをしっかり行えば、気にならないときもありますが化粧ノリは日によってムラがあります。

化粧水、乳液のみの使用だったのが、毛穴ケアスチーマー、美白クリーム、美容液、バランシングクリームと増えていきお金もかかるようになってきました。

ここまでしても日焼けの代償は大きく、すぐに改善されていくものではありません。

学生時代から対策をしていた友人が「今日はファンデーション塗ってないんだよね」という言葉には本当に驚きを隠せません。

ファンデーションをしていなくても肌はきめ細かく羨ましいなと思う限りです。

私自身、様々な化粧品メーカーで肌診断を行ない、肌ケアの内容を試行錯誤してきました。

現在の組み合わせが1番いいかと言われるとわかりませんが、いまのところほんの少し改善されている実感があり継続して使用しています。

シミが少しでも薄くなり、毛穴が目立たなくなる日が来ることを願って、肌ケアを頑張って行きたいと思っています。